各科目ワンポイントアドバイス

このワンポイントアドバイスでは、介護、社会・精神保健福祉士の国家試験に合格するために必要不可欠な内容を整理していきます。各科目について、重要事項であるが基本的な内容で、なおかつ、国家試験でよく出題される内容を取り上げています。どれも国家試験で出題されたときには確実に正解したいテーマです。
赤マル福祉の「問題先行学習」をもとに実際の試験問題を解きながら、重要事項を学習できるようワンポイントアドバイスをまとめました。国家試験の合格に向け、効率的に試験勉強を進めていきましょう。

  1. 介護福祉士【午前・午後】
  2. 社会・精神保健福祉士【共通】
  3. 社会福祉士【専門】
  4. 精神保健福祉士【専門】

介護福祉士【午前・午後】

人間の尊厳と自立

この科目では、人権思想の歴史やノーマライゼーション、人間の尊厳、自立支援などに関連した問題が出題されています。今回のテーマは「権利擁護=アドボカシー」です。

人間関係とコミュニケーション

この科目は、コミュニケーションに関する基本的な事柄が多く、きちんと対策を立てて学習をすれば、決して難しい科目ではありません。今回のテーマは「自己覚知」です。

社会の理解

この科目の出題範囲はとても広く、何から始めたら良いのかわからない、という方も多いのではないのでしょうか?今回のテーマは「高齢者虐待」です。

介護の基本

この科目は、介護福祉の歴史や法制度を始め、リハビリテーション、職業倫理など幅広い知識が問われます。今回のテーマは「ICF:国際生活機能分類」です。

コミュニケーション技術

「コミュニケーション技術」では、利用者とのコミュニケーションに関する内容が多く出題されます。今回は「失語症のある利用者とのコミュニケーション」について学びます。

生活支援技術

「生活支援技術」は、出題数が最も多く、介護福祉士にとって基本的かつ重要な科目です。今回は「自立に向けた生活支援技術の考え方」をテーマに学びましょう。

介護過程

科目「介護過程」では、「介護過程の意義」「介護過程の展開」から毎年出題があります。今回は「介護過程の意義」について学習ポイントを説明します。

発達と老化の理解

この科目は、人間の成長や発達のほか、病気や障害など幅広く出題されますが、老年期に関する内容が多く出題されます。今回のテーマは「法律での年齢規程」です。

認知症の理解

今回取り上げるテーマは、頻出の「レビー小体型認知症」です。いくつかある認知症の原疾患について、しっかりと棲み分けて覚えられるよう理解を深めていきましょう。

障害の理解

この科目では、障害の医学的側面や障害者・家族への支援など、障害に関連した内容が出題されます。今回のテーマは「障害受容」です。

こころとからだのしくみ

この科目は、医療的な側面からの知識が求められます。今回のテーマは、人体の不思議のひとつ「自律神経」です。

医療的ケア

一番問題数の少ないこの科目は、あいまいさがなくてはっきりしている分、覚えやすくて勉強しやすいのが特徴です。今回のテーマは「経管栄養」です。

総合問題

この科目は、4領域(人間と社会・介護・こころとからだのしくみ・医療的ケア)の知識を総合的に問う問題が、事例形式で出題されます。今回のテーマは「登場人物の把握」です。

ページの先頭へ

社会・精神保健福祉士【共通】

人体の構造と機能及び疾病

この科目は、疾患に関する事柄だけでなく、国際生活機能分類(ICF)やリハビリテーションなども出題され、これらの内容についての理解も求められます。

心理学理論と心理的支援

この科目に限らず、年度によって難易度に変動がみられますが、問題を解く上で、用語の理解が必要不可欠なのは言うまでもありません。今回のテーマは「記憶」です。

社会理論と社会システム

この科目ですが、苦手とされている方もいらっしゃると思います。その一方、毎年高い頻度で出題され、得点しやすい内容もあります。今回のテーマは「社会集団」です。

現代社会と福祉

年度によって難易度に差はありますが、国家試験に合格する上で確実に正解すべき問題が必ず出題されています。今回のテーマは「社会福祉法」です。

地域福祉の理論と方法

この科目の出題範囲は多岐にわたりますが、相談援助の実践を行う上で、地域福祉についての理解がとても重要となります。今回のテーマは「民生委員」です。

福祉行財政と福祉計画

この科目は、福祉行政・福祉行財政と福祉計画の大きく2つから構成されています。今回のテーマは「福祉計画」です。

社会保障

この科目では、年金や医療保険などの社会保険制度を中心に、社会保障に関連した内容が出題されます。今回のテーマは「年金」です。

障害者に対する支援と障害者自立支援制度

この科目では、障害者・障害児に関連する制度や法令などが出題されますが、その中でも点数を取りやすい内容を取り上げてみます。今回のテーマは「障害者基本法」です。

低所得者に対する支援と生活保護制度

生活保護制度を中心とした出題内容で、対策の立てやすい科目の一つといえます。その中でも真っ先に理解しておきたい内容が今回のテーマ「生活保護法の原理・原則」です。

保健医療サービス

この科目は、保健医療サービスに関連する制度や医療ソーシャルワーカーなどについて出題されます。今回のテーマは「医療保険制度」です。

権利擁護と成年後見制度

この科目は法令に関する問題や、成年後見制度の内容が多く、苦手意識を持たれていらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。今回のテーマは「日常生活自立支援事業」です。

ページの先頭へ

社会福祉士【専門】

社会調査の基礎

今回のテーマは「尺度水準」です。精神保健福祉士の国家試験を受験される方も「精神保健福祉に関する制度とサービス」の中で出題されるようになっています。

相談援助の基盤と専門職

この科目では、「社会福祉士及び介護福祉士法」や「ソーシャルワークのグローバル定義」、事例問題などの出題頻度が高く、例年、似たような内容の選択肢文も見られ、確実に点数を上乗せしたい問題も多く出題されます。今回のテーマは「ソーシャルワークのグローバル定義」です。

相談援助の理論と方法

今回のテーマは「バイステックの7原則」です。これは、事例問題を解く際、選択肢の○×を判断するときの根拠にもなります。社会福祉士の専門科目としていますが、精神保健福祉士や介護福祉士を受験される方もぜひ理解しておきたい内容です。

福祉サービスの組織と経営

ここ数年の出題傾向をみても、過去問にしっかり取り組むことで高得点を確保することができました。中でも、社会福祉法人、会計財務(減価償却、貸借対照表など)、リーダーシップの出題頻度が高い傾向にあります。今回のテーマは「社会福祉法人」です。

高齢者に対する支援と介護保険制度

この科目からは10問出題されます。介護保険制度をはじめとする、制度の理解に関する問題を苦手とされている方も多いのではないのでしょうか?今回のテーマは「介護保険制度」です。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

この科目では、児童に関する制度や法令、児童福祉の歴史や統計などのほか、事例問題も出題されます。今回のテーマは「児童相談所」です。

就労支援サービス

この科目は社会福祉士の専門科目のひとつですが、精神保健福祉士の国家試験を受験される方も、専門科目で就労支援に関する内容がよく出題されます。今回のテーマは「障害者雇用率制度」です。

更生保護制度

この科目については、どこから学習したら良いかわからない方も多くいらっしゃることと思います。初歩的な内容となっていますが、学習のきっかけとなれば幸いです。今回のテーマは「保護観察の目的」です。

ページの先頭へ

精神保健福祉士【専門】

精神疾患とその治療

精神障害者は、疾患と障害を併せもっています。精神障害者を理解する上で、精神疾患の理解も欠かせません。また、ここ最近は精神疾患に関連した領域からの出題も見られます。今回のテーマは「統合失調症」です。

精神保健の課題と支援

この科目では、精神保健に関連した問題に限らず、それ以外の領域からも幅広く出題されるため、難易度の高い問題が多く出題される傾向にあります。今回のテーマは「災害時の精神保健」です。

精神保健福祉相談援助の基盤

今回のテーマは「アドボカシー」です。相談援助を行う上で、アドボカシーはとても重要なものの一つです。精神保健福祉士に限らず、社会福祉士の国家試験を受験される方も絶対におさえておきたい内容となっています。

精神保健福祉の理論と相談援助の展開

この科目は問題数は多いですが、点数が取りやすい科目です。今回のテーマはACT(Assertive Community Treatment:包括的地域生活支援)です。精神保健福祉士の国家試験を受験される方は絶対にはずせない内容の一つです。

精神保健福祉に関する制度とサービス

今回のテーマは「入院形態」です。精神保健福祉士を受験される方は絶対に理解しておくべき内容の一つです。また、共通科目でも入院形態についての出題実績があります。社会福祉士を受験される方も、一通り目を通しておくことをお勧めします。

精神障害者の生活支援システム

この科目は精神障害者の地域生活の支援に関する出題が中心となりますが、出題傾向がつかみにくく、学習に苦労されていらっしゃる方も多いのではないのでしょうか?今回のテーマは「自立生活援助」です。

ページの先頭へ