島根県Iさん(女性)

 現在社協で務めており、『社会福祉士が望ましい』という業務の担当でした。今までに数回受験しましたが、中々合格しませんでした。今回は、試験前に出産予定で、育児休暇中の受験でした。秋までは仕事、出産後は家で掃除、洗濯、食事の支度はもちろん、夜中の授乳や子育てなどで、長時間の勉強は難しい状況でした。ただ、子どもの成長などを考えると、「今回合格しないと来年以降は絶対に無理!」という気持ちでした。

 本格的に勉強を始めようとした秋に赤マル福祉を知り、ネットでの模擬試験を利用しようと始めました。さっそく行った模擬試験はC判定・・・でも「次の模擬試験でCをAにしよう!」という頑張るきっかけになり、2回の模擬試験がとても役に立ちました。
 でも一番役に立ったのは携帯電話でできる過去問一問一答でした。それまでは問題集を開いて解いていましたが、生まれたての子どもがすぐに泣いてしまい、勉強を中断するばかりでした。首がまだ据わらない子どもはおんぶが難しく、抱っこをしなければならないので、両手がふさがってしまいます。そこで抱っこしながら携帯電話で一問一答!本を開かなくてすむ勉強法で、これは本当にとても助かりました。
 子供が寝て時間がある時は、グラフや表など見て解りやすい参考書を開き、一問一答で、理解できなかった言葉を調べました。福祉用語辞典と福祉小6法は必須です!
また、苦手分野に積極的に取り組むようにしました。ダイエットと同じで、効果が見えて、言葉や意味がわかるようになるととてもテンションが上がります☆
 それでもやっぱりメンタル面で落ち込む時があります・・・そんな時は遠慮なく買い物や食事で気分転換をしました!一緒に勉強する人はいなかったのですが、掲示板をみて他の人の頑張りに、良い影響もうけました。また、資格を取った後の仕事のことを妄想(?)し、やる気を出しました!

 そして、寒く雪の降る試験日、同じ会場で介護福祉士の試験があったこともあり、会場内はもちろん、外も渋滞していました。私はお昼の休憩に授乳のため子どもを会場まで連れてきてもらいました。トイレもいつものように長い列ができ、もちろん託児所や待機室等もありません。近くのお店までトイレを借りに行った方が早かったです。

 仕事や子育て中の、特に女性の方はとても大変だと思いますが、集中力と勉強法で乗り切れます!私は家族の協力もあり今回合格できました。今後受験する皆さん、赤マルと一緒に頑張ってください!