[画面を閉じる

 番号 日付  題名 投稿者 返信数  読出数
18 12/20(木)
17:20:21
 映画「大地の詩〜留岡幸助物語〜」を観ました。  事務局H  2514 

 
牧師として、監獄の教誨師として、そして東京巣鴨と北海道に「家庭学校」を設立した功績でよく知られる、
留岡幸助を描いた、山田火砂子監督「現代ぷろだくしょん」の作品です。

全国各地で、少しずつですが上映会を行っているようです。
私は、東京中野の「なかのZERO」で観ました。
年明け1月には、追加上映も含め3回の上映が中野で予定されているようですので、首都圏の方には是非おすすめします。

留岡幸助の生きざまに魅せられ感動するのはもちろんのこと、
このような作品を丁寧に作られている「現代ぷろだくしょん」の制作姿勢にさらに感動します。

他にも、福祉のお仕事をされている方なら皆さんご存知の、石井十次を描いた「石井のおとうさんありがとう」や、
石井亮一の妻石井筆子を描いた「筆子その愛−天使のピアノ−」、
最新作はアニメ作品で、「明日の希望−高江常男物語−」など、私もまた観てみたい映画が多数があります。
観たらまたご報告します。


  返信を書く [画面を閉じる]

18番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。