[画面を閉じる

 番号 日付  題名 投稿者 返信元  読出数
17 12/20(木)
15:55:09
 フォーラムに参加させていただきました。  事務局H  No.16  2196 

 
第1部の基調講演では、韓国や欧米の実績が事例として紹介されました。
日本とは背景・経緯が異なることとは思いますが、
特に隣国であり社会福祉については日本よりは幾分立ち遅れているのではないかと思い込んでいた韓国で、
フードバンクが普及(2012年9月に424ヶ所で運営!)していることを知り驚きました。

第2部のシンポジウムでは、「フードバンクという挑戦 貧困と飽食のあいだで」(岩波書店)
の著者である大原悦子氏のコーディネートで進行しました。
関係者間の対談、関係者の聴講にとどまったことが残念に思われたシンポジウムでした。
私のように、フードバンクの活動をほとんど知らなかった者が、
まずは知ることからはじめられるような場がもっともっと必要だと痛感しました。

今回のフォーラムへの参加は、主催者であるNPO法人フードバンク山梨で活動されているYKさんが、
赤マル福祉のサポーターであることからご案内をいただき実現しました。
サポーターYKさんとの対面も果たせた貴重な機会となりました。


16 「国策としてのフードバンク」開催のお知らせ YK → ↑この記事を引用して返信を書く
    ┣ 17 フォーラムに参加させていただきました。 by 事務局H


 [画面を閉じる]

17番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。